ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト   »  Linux  »  resolv.confのタイムアウトとリトライ設定

スポンサーサイト

広告
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
ランキングはこちらをクリック!
▲ Page Top     

resolv.confのタイムアウトとリトライ設定

広告
  

resolv.confのタイムアウトとリトライ設定

不要な名前解決に時間がかかってしまう場合、制御したいことがあります。
そんなのときはresolv.confのタイムアウト、リトライ値を変更することで制御が可能です。
resolv.confで設定した閾値を超えた場合、レゾルバが諦めて呼び出し元のアプリケーションにエラーを返します

※デフォルトのタイムアウト値は5秒、リトライ数は2回である。

timeout:n <---Timeout値
「レゾルバが他のネームサーバで問い合わせをリトライする前に、 リモートネームサーバからの応答を待つ時間」を設定する。 単位は秒で、デフォルトは RES_TIMEOUT である (現状では 5 秒、 を参照)。

attempts:n <----リトライ数
「レゾルバが諦めて呼び出し元のアプリケーションにエラーを返すまでに、 ネームサーバに問い合わせを行う回数」を設定する。 デフォルトは RES_DFLRETRY 回である (現状では 2 回、 を参照)。



・設定例
2秒x2=4秒が最大待ち時間となる

# vi /etc/resolv.conf
options timeout:2 attempts:2



関連記事
スポンサーサイト


Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
ランキングはこちらをクリック!
▲ Page Top     

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
サイト紹介

仕事で遭遇したトラブル対応をまとめたサイト。インフラエンジニア、サーバエンジニアとしてスキルアップするための情報(IT講座、Linux、Postfix、PostgreSQL、MySQL、Apache、Java、セキュリティ対策、おすすめ書籍)提供します。
全記事表示リンク
カテゴリ
スポンサーリンク

サーバエンジニアのための書籍
プロフィール

hotally

Author:hotally
仕事:インフラエンジニア
取得資格:第2種基本情報処理
     情報セキュリティスペシャリスト
     ネットワークスペシャリスト
     PostgreSQLCE シルバー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Webサービス
27位
アクセスランキングを見る>>
ブログ
最新記事
カテゴリークラウド
スポンサーリンク


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Lc.ツリータグリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。