ホーム   »  スポンサー広告  »  スポンサーサイト  »  Linux   »  冗長化  »  Lifekeeperのミラーリング環境においてフィルオーバ失敗(自動マウント)

スポンサーサイト

広告
  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
ランキングはこちらをクリック!
▲ Page Top     

Lifekeeperのミラーリング環境においてフィルオーバ失敗(自動マウント)

広告
  

Lifekeeperのミラーリング環境においてフィルオーバ失敗(自動マウント)

Lifekeeperのミラーリング環境において、スタンバイ側のミラーリング領域が勝手にマウントされてフェイルオーバ時に失敗する現象が発生!!

Lifekeeperのフェイルオーバ時のエラーログ抜粋

mdadm: error opening /dev/md1: No such file or directory



Lifekeeperのフェイルオーバ時のマウント状態 スタンバイ側で以下の/dev/md1,/dev/md2,/dev/md3がそれぞれ下記のディレクトリにマウントされていた。
/media/disk
/media/disk-1
/media/disk-2

Lifekeeperのミラーリング領域がマウントされる原因
・autofsにより自動でミラーリング領域がマウントされた可能性がある。
・gnomeの自動マウント機能よりマウントされた可能性がある。
・gnomeのディスクトップ画面の「コンピュータ」アイコンからマウントされた可能性がある。


フィルオーバ失敗(自動マウント)の解決手順

スタンバイ側ノードで、Lifekeeperのミラーリング領域がマウントされるのを防ぐためには、上記ミラーリング領域をマウントする可能性がある機能を無効かすることである。
autofsの自動起動設定をOffにする

# chkconfig autofs off
# /etc/init.d/autofs stop


gnome-mountの自動マウントを停止する

# gnome-volume-properties


【gnome-volume-properties】ダイアログ - 【ストレージ】タブ - 【リムーバブル・ストレージ】 下記のチェックを外す
・ドライブがホット・プラグされたらマウントする
・メディアが挿入されたらマウントする
・メディアが挿入されたら参照する

gnome-volume-properties画面

「コンピュータ」から特定ボリュームを表示させない【Gnome】
「コンピュータ」から特定ボリュームを表示させない【Gnome】の手順は別途説明する。

関連記事
スポンサーサイト


Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl 
ランキングはこちらをクリック!
▲ Page Top     

Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
サイト紹介

仕事で遭遇したトラブル対応をまとめたサイト。インフラエンジニア、サーバエンジニアとしてスキルアップするための情報(IT講座、Linux、Postfix、PostgreSQL、MySQL、Apache、Java、セキュリティ対策、おすすめ書籍)提供します。
全記事表示リンク
カテゴリ
スポンサーリンク

サーバエンジニアのための書籍
プロフィール

hotally

Author:hotally
仕事:インフラエンジニア
取得資格:第2種基本情報処理
     情報セキュリティスペシャリスト
     ネットワークスペシャリスト
     PostgreSQLCE シルバー

アクセスランキング
[ジャンルランキング]
コンピュータ
618位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
Webサービス
27位
アクセスランキングを見る>>
ブログ
最新記事
カテゴリークラウド
スポンサーリンク


RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Lc.ツリータグリスト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。